初めて作ってみた♪

先日なにかのテレビ番組で観た「いももち」という食べ物!
私は聞いたことはあるけど食べたことがないので、美味しそうだなぁと思っていたら、じゃがいもが大好きな旦那さんは、早速あれが食べたいとねだる。

どうやら居酒屋さんとかで食べたことがあるらしく、もちもちしていて美味しいのだそう。

ならば作ってみよう!と、クックパッドで検索し、挑戦してみました☆
クックパッド見たら、結構たくさん載っているんですね。
思ったよりポピュラーな食べ物だったこと、知らなかったです。

作り方も簡単だし、すぐ出来そうだったので、夕飯の支度と一緒に取りかかりました。

すると、出来上がりが待てないのか、食べたいと公言した手前手伝った方がいいと思ったのか(笑)、旦那さんが自分でやり始めたのでお任せしました。

片栗粉控えすぎてしまって、想像していたもちもち感に近付けなかったのですが、美味しかったです♪またやろーっと!

コメントは受け付けていません。

盗られ損

ある地方都市に一人暮らしをしていた時のことです。
アパートから職場まで自転車通勤していたのですが、一度自転車の盗難に遭い、二台目は防犯登録しましたが、また盗まれてしまいました。
治安の良くない場所なのだと諦め、しばらく30分かけて徒歩通勤していました。

数ヶ月して勤務地が変わり、そこを引っ越すことになったのですが、引っ越して半年経ったころ、警察から「自転車が見つかりました」との連絡が。
引っ越し先からそこまでは電車で一時間以上かかるうえ、車も持っていなかった私はどうやって自転車を運んだらいいのか見当もつかず、こちらの事情を話し、「自転車は取りに行けない、処分して欲しい」と申し出たところ、それはできないとのこと。
それから毎日毎日、警察から早く自転車を取りに来い、との催促の電話がかかって来ました。
仕方なく友人に車を出してもらい取りに行こうと決め、警察の方にも「○日に取りに行きます」と告げました。
こんなことなら防犯登録などせず、盗られっぱなしの方がまだましだったと悔しい気持ちになりました。

そして自転車を取りに行く当日の早朝、電話がかかって来ました。
まだ寝ていた私が眠い目をこすって電話に出てみると、また警察!要件は、「本当に今日来ますか?」。
とうとう私はブチ切れて、しつこいんだよ!もう行くもんか!と電話を切ってしまいました。

結局、自転車を車で取りに行ってくれたのは私の両親でした。
その地方警察の方が、なんと私の実家にまで再三電話をしていたらしく、車で三時間もかけて両親が私の自転車を取りに行ってくれたのです。
両親に申し訳ないことをしたと思うのと同時に、臨機応変に立ち回れないお役所仕事の警察にめちゃくちゃ腹が立ちました。
たかが自転車のことで実家にまで連絡とは、呆れてしまいました。

と、言っても一番悪いのは自転車泥棒です。
逮捕もされずのうのうと同じ事を繰り返してるのかな、と思うと本当に腹が立ちます。

コメントは受け付けていません。

我が家の大黒柱、変わり者の父。

今年で63歳。
還暦を迎え、降格にはなっても65歳の定年までは働き続けると、老骨に鞭打って、40年働き続ける父。
休みの日にも仕事をするため出勤していく仕事人間ですが、私の父はとっても変わり者です。
父のエピソードトークを始めると止まらなくなるほどです。

例えば、姉の結納の時。
姉の夫が我が家に結納品を持ってきたとき、完全にあがってしまって、新聞を逆さに読んでいました。
こんな間違い、漫画でしか見たことありません。

夜中カレンダーが泥棒だと思って、カレンダーに向かって、出て行け!と、いきなり叫びだし、ついに父がおかしくなったと姉は怯えたそうです。

子供の頃、正月にトランプに勝った父が母、姉、私の重ねた手をたたく、というゲームをしたのですが、本気で狙ってくるので、何度もみんなで逃げていたら、本気すぎて右手のひらを捻挫。
一ヶ月、包帯を巻いて左手でフォークで食事をしていました。

まだまだ序章ですが、本当に止まらないので、今回はこのへんで終了します。

このように書くと、とっても変なおじさんですが、私や姉、そして孫たちも可愛がり愛してくれて、私の意見を尊重してくれ、何かをやりたいと言った時に止められたことは一度もありません。
口数は少ない父ですが、笑いの多い家庭で育ったことを誇りに思います。

コメントは受け付けていません。

飲み友達ゲット

毎日が何気なく過ぎていく今日このごろ…。
何か自分に変化をつけたいという気持ちと、湿気で髪がまとまらなくなってきたという現実とで3カ月ぶりに美容室に行きました。

予約したのは13時で、朝起きたのが12時45分という絶望的な状況下に置かれた私は、なんとか15分で身支度を整え家を出発しました。
我ながら驚くべきスピードでした。
普段からこれくらいの力を発揮したいものです(笑)
予約時間20分を過ぎて美容室に到着でしたが担当の方は快く迎えてくれました。

毎回担当してくれるのは、35歳独身のイケメンでお洒落な店長さん。
うん、本日も相変わらずのイケメン。
ごちそうさまデス。

挨拶をしてさっそくカウンセリング、カットとしていただいてる最中、恋愛トークに。

お互い彼氏彼女がいないね、てゆうか要らないよね~という会話から、でも飲み友達的な異性ほ欲しいという結論に。

そうこうしてる内にカットが終わりシャンプーへ。

シャンプーしてもらってるときに携帯番号をあとで交換しようと耳元で言われた時は夢でも見てるのかと錯覚しちゃいました。

帰り際に携帯番号を書いた紙をスタンプカードにはさまれました。
友達でも何でもなかった仲なのに、今日1日でグッと仲良くなれたみたいです。

というこてとで異性の飲み友達ゲットな1日でした。

恋愛発展したら嬉しいな、とちょっと思っちゃいました。

コメントは受け付けていません。

久しぶりのネットカフェ

昨日、仕事が休みだったので、マンガでも読みたいなあと思い、駅前のネットカフェへ行った。
知人から勧められてた「テラフォーマーズ」が目当てで行ったのだが、店内ですぐに目についたのは「トーキョーグール」だったので、こちらを読むことにした。
このマンガはまったく読んだことがなかったが、本屋で表紙の絵を見たときに、私好みかなと思って気にしてはいた。
昔は絶対に読まなかったグロ系のマンガだが、最近どうしてかこの手の作品に惹かれてしまう。
ホラーは好きではないので、描写がグロくてもストーリーが練られているものでないと、飽きてしまう。
他に読んだものでハマり中なのは、「アイアムアヒーロー」で、こちらもグロさは上級クラスなのではないだろうか。
「トーキョーグール」は昨日ひとまず一巻から五巻まで読んだが、今のところ飽きていない。
ただ、戦闘に関わる設定が単純ではないのと、これから戦闘シーンばかりだとつまらなくなるなあと心配している。

コメントは受け付けていません。

眠たい

んー今日はもう眠たいです。

ですが旦那さんがまだ帰ってきません。

夕方からお出かけしていて、何時になるとは言っていなかったのですが、夕飯は家で食べるようなことをいっていたので下準備をしてまっているのですが、帰ってきません。

ご飯も新しく炊いちゃったから炊きたて食べてほしかったのにー!
とちょっと残念。

今日は朝から遠出して疲れてしまったので私はもう寝たいのですが、連絡もないので
まだまだなのかなと思います。

とりあえず、ご飯をつくるのはあきらめて、お腹がすいたら適当に食べてもらうか
コンビニにいってもらいます。

もう私は寝たいともいます。

一応メールはいれておきます。

世の旦那様。
奥さんはいろんなことを考えて旦那さんのことを待っている人もいます。

めんどくさいかもしれないですがメール1通で夫婦の仲もうまくいきます!
連絡がすぐとれるこの世の中だからこそ連絡がほしいんです!
理解してください。

それではおやすみなさい。

コメントは受け付けていません。

ジンギスカンが食べれなかったのが克服

友人と食事でお店に入ったらジンギスカンの店だった。
私は未体験でジンギスカンを食べた事が無かったので躊躇して食べれませんでした。
牛や豚や鳥は大好きなのですが、料理本にもレシピにも余り羊の肉を使うとは書いていないし、特別な肉の様な気がして怖かった。
友人がジンギスカンが大好きでなんとか食べさせたい為に羊の話をして羊のクイズをするのです。
羊はsheepと言うね。
羊の毛の羊毛はウール。
羊の皮はシープスキン。
羊の肉はムートン。
生後1年以内の子羊の肉はラム。
羊の肉はジンギスカン。
など、マトンも羊とか、色々話せば話すほど羊の形が思い浮かばれてしまい食べたくなくなってしまいました。
何て皮も毛も全部良い素材で利用できる羊はすごいとは思いました。
仕方なく根気負けで一口食べてみたら美味しかったです。
食べれなかったのが克服。
そんなにパクパクまではいっぱい食べれないけれど、羊の話をせずに特に違う話をしたら羊だと解らなくて食べれたかもしれないと思いました。

コメントは受け付けていません。

これが正しいという正解は存在しない

こうあるべきとか、人間はこうなるのが普通とは無いと思います。
その理由は思想の問題ですが、世界に寄って違いがあり、日本の国内でも違いがあり、ましてや隣に住む人ともちがいがあり、親子でも彼氏でも大親友でも感覚は何処かで違いが出てくるはずなのです。
私はこれが良いと思っても友人は違うと言いその通り友人に従ってみたら自分にとって良いこととなり正解であったなど、自分がこう思って突き進んだ方が正解だった場合もあります。
そして正解だったと思っていても、他者からみたらそれは不正解だと思う人もいれば親兄弟も間違いと見る場合もあり、世代や環境や時代によっても何が正しくて何が間違いは無いのだと言うのが解りました。
正解は存在しないにであると思います。
今日正解だったと納得していても明日になればもしくは何年後かにそれは不正解だったと思うこともあるのだと思います。

コメントは受け付けていません。

「続・最後から2番目の恋 第7話」を観て

夫の失踪に悩む典子(飯島直子)にともに独身の千明(小泉今日子)と長倉和平(中井貴一)はそれぞれのアドバイスをします。
長倉は自分の妹に対し、「自分の人生、自分が納得できる結論を出しなさい」とアドバイスします。
私は「その通りだな」と思いながら観ていました。
一方、千明は「せっかく縁あって夫婦になったのだから別れるのはもったいない」と言います。
確かにそれも一理あると納得してしまいました。
私が見る身近な夫婦をとっても喧嘩が多くてどうしようもないですが、離婚せずに暮らしています。
夫婦は他人とは言いますが、ただの他人ではない絆が2人の間にはきっとあるんですね。
2人が夫婦について一般論を語ったのに対し、当の典子は「夫婦は子孫を遺したら別れればよい」とズバッと言いました。
「ああ、なるほどな。

要は自分が結婚に対してどういう価値観を持っているかですね。
3者3様の考えを聞かせてもらい、「自分だったらどうするかな」と考えていました。

コメントは受け付けていません。

ホットカフェオレが飲みたい毎日

私はホットカフェオレが大好きなのです。
でもカフェオレは少量でもコーヒーの部類に入るので、夜に中々飲めないのが残念です。

それでも夜にパソコンを付けながら…テレビを見ながらホットカフェオレを飲みたいので、先日スーパーでウロウロしながら悩んでいました。

ら、コーヒーコーナーを見ていた所、ノンカフェインのコーヒーを発見しました。

そういえばこんなのがあったんだ!と思って見ていたところ、ノンカフェインと書いてあるけれども、100%カットしてるわけではないのですね。

初めて知りました。
97%カットと書いてあったので、まぁこれくらいなら夜飲んでも大丈夫だよねーという事で購入してきました。

これを買ってからほぼ毎日寝る前に一杯のホットカフェオレを飲むのが日課になります。

そしてホットで飲むにはそろそろ辛い時期になってきたのでどうしようかとまた悩んでます。

コメントは受け付けていません。